Loading...

ご案内

リボンレイとは

image (1)ハワイの伝統工芸品のレイを 生花を使わずリボンを縫ったり編んだりして作るハワイアンクラフトです
レイは、ハワイの伝統的な装飾品で、ハワイの空港等で記念に首にかけられる様子を見たことがある方は多いと思います。

レイは、生花で作られていましたが、1990年代後半にハワイの美しい花が摘み取られていくのを悲しく思ったキャロル・ミト先生がリボンを使ってお花を表現した事が始まりです。

レイには、尊敬・感謝・愛情などの意味が込められています。リボンレイも同様にアロハの心が込められ、枯れることなく、いつもでも残すことが出来る事からとても人気のクラフトです。

Lei・LeaのLeaは、ハワイ語で喜び・希望という意味です

 

インストラクター紹介

インストラクター:船橋知香(Ka Leo Aloha)

chika2014年に突然リボンレイの魅力にはまってしまいました!
娘のフラの影響でリボンレイを知りました。
普段から細かい作業やコツコツと行う作業が好きでしたが、インストラクターを目指す事に一歩踏み出せずにいました。

3日続いたら30日続く、30日続いたら3ヶ月続く、3か月続いたら3年続くという言葉を友人から聞き「3ヶ月好きでいられたらインストラクターを目指そう!」と決め、結局3ヶ月間毎日作品を作り続けましたwww

私の先生「Makana aloha」のNAOKO先生のもと、通信講座で勉強をしました。
平日はフルタイムで仕事をし、夜は子育て中のシングルマザーの為、夜な夜な作り続けて半年、36作品を作り無事卒業しました!!

2015年11月14日、moanakoaのyoshimi先生のサティフィケート取得のテストを受け、moanakoaの公認インストラクターになります。
yoshimi先生にハワイアンネームを付けていただき

「ka leo aloha」

というハワイアンネームを頂きました。

The voice of love

社交的で好きなことはとことん追及する。
みんなに愛の言葉が伝わるように、受け取れるように願いを込めて!

という意味でつけて頂きました。

2016年4月には、atelier ribbon井坂ひろこ先生プチリボンクチュールのディプロマを頂き、アトリエリボンプチリボンクチュール公認インストラクターとなりました。

20160426-233130.jpg 20151202-185004.jpg 20160426-233119.jpg
image aillis201511201041458 aillis20151106011335
aillis20151112080946 IMG_8268 IMG_7835
IMG_7718 IMG_7500 IMG_7618
IMG_7521 IMG_7823 IMG_7502
IMG_7505 IMG_7508 IMG_8103
IMG_7504 IMG_8123 IMG_7822
IMG_7855 IMG_8047 IMG_8043

IMG_7507

 

IMG_8505 (1) IMG_8035
IMG_8430 IMG_7855 IMG_8507 (1)

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る